ミニバンを安く買う方法!営業マンが影で行っている商談の裏側とは?

ミニバンの新車を安く買う。

これは誰もが思う事です。ココでは私が実際に行っていた【商談の裏側】をお伝えしたいと思います。

ここでお伝えする事を実践して頂くだけで、確実に数十万円~はミニバンを購入する資金を少なくする事が可能です。誰にでも出来る簡単な方法ですので、最後までごゆっくりお読みください。

まず最近の新車業界の事実をお伝えしたいと思います。2014年に消費税が8%にアップし駆け込み需要が発生しました。

消費税が3%(200万円の新車なら6万円)も変わってきますからね。少しでも安く新車を購入したい方が殺到したのです。

しかし2015年に入ってからもこの「駆け込み需要」の悪い影響が続いています。各自動車メーカーすべてが前年比18~20%の販売台数ダウン・・・という事態が起きてしまっているのです。

その結果・・・

各ディーラーでは新車値引きを抑える・・・という事が実際は起きているのです。

これはある意味、仕方のない事だと思います。各ディーラーも利益を出して経営をしなくてはならないわけですから。単純に20%前後の新車値引き減少、と考えてみればわかりやすいかもしれませんね。

今までなら30万円の新車値引き額が24万円に減ってしまう・・・という事です。次には2017年に消費税10%にアップする事も確定しています。

ですから当分はこの買え控えが原因の「新車値引きの減少」は続くのではないでしょうか。

しかし営業マン達はこの事を絶対に表に出しません。新車を一台でも多く売りたいから!です。あたかも今まで以上の新車値引き額を出しているように商談を進めてきます。これも仕方のない現象でしょう。

でも実際には新車値引き額は抑えられている。

ではどうして、新車営業マン達はたくさんの新車値引きを行っているように商談が進めれるのでしょうか?これにはある【秘密】があります。

以下に「営業マン達が影で行っている商談の裏側」をお伝えしたいと思います。

「営業マン達が影で行っている商談の裏側」とは?

新車値引きが実際は少なくなっている・・・という事はご理解頂けたかと思います。それでも多くの新車値引きを行っているように見せる営業マン達。

よくインターネットを見ていると、
 ヴェゼルの値引きを30万円以上だしてもらった!
 新型ヴェルファイアの値引きも50万円を超える!
と言った値引き情報を見た事がある方も多い事でしょう。

しかしこれらの新車値引き額は、実際にはこのような値引きは考えられない値引き額なのです。新車値引きと言うのは、車種ごとに限界値引きが決められています。

営業マン達はこの決められた値引きの中で契約をもらわなくてはいけないのです。

という事は、お客さんがたくさんの新車値引きを行ってももらった!と勘違いをしているだけで、ほとんどが同じ値引き額で契約をしているのです。

では、なぜお客さん達はたくさんの値引きをしてもらった!と感じるのでしょうか?

ではその【理由】をお伝えしたいと思います。

実はとても簡単な事で、営業マン達は商談の中で大きな「余裕」を作って商談を進めているのです。

ではどの部分で大きな「余裕」を作って商談を進めているのでしょうか?新車値引き額については、当サイトのような値引き情報サイトで調べている方も非常に多いので、営業マン達は新車値引き額で「余裕」を作ることは難しくなっています。

下手に少ない新車値引き額を提示したばかりに、そのお客さんに逃げられてしまう可能性も出てきますからね。ですから営業マン達は新車値引きで余裕を持ちません。

実は「下取り査定額」で大きな余裕を作って商談を進めているのです。

新車値引き額は先ほどもお伝えしましたが、当サイトのような新車値引き情報サイトでもわかりますし、雑誌などもたくさん売られています。それらである程度の値引き額を知ることは比較的簡単ですよね。

しかし「下取り査定額」については、そう簡単には調べる事が出来ません。ほとんどのお客さんが自分が乗っている車の下取り査定額を知っている方も少ないのが現実なのです。

例えば実際の下取り査定額が50万円の車を営業マン達が、

「新車値引きも頑張って35万円やらせて頂きます!下取り額と合わせて65万円の下取り値引きでいかがでしょうか?精一杯の条件だを出させて頂きましたので、ご契約をお願いします!」

これは商談の中で本当に良くある風景になります。

新車値引き額の35万円は良いのか悪いのか?は当サイトなどの情報でもわかりますよね。しかし下取り査定額が30万円・・・実際には50万円付いているのにですよ?

99%以上の方が、30万円の下取り査定額が高いのか?安いのか?相場なのか?がわかりません。

上記のような営業マンの話一つを取っても、簡単に20万円もの大きな余裕を持つことが出来てしまうのです。

これではいくら新車値引き情報を調べていても、絶対に新車を安く購入する事は出来ませんよね。

「下取り査定額で余裕を持たれてしまったいるのですから」

ではどうしたら本当の意味で新車を最高の条件で購入出来るのでしょうか?

>>下取り車が50万円以上高く売れる!オンライン無料査定はこちら<<

新車を最高の条件で購入する、唯一の方法とは?

上記で新車値引き額ではなく、下取り査定額で大きな余裕を持たれて商談は進んでいる・・・という事はご理解して頂けたかと思います。

ではいったいどうすれば良いのでしょうか?

それは・・・

「最初から下取り査定額の大体の相場を知っていれば良い!」

という事になります。そうすれば、新車値引き限界額+下取り査定相場=最高の条件!という事になりますから。

でも下取り相場を知る為に、いくつもの中古車買取専門店を回ったり、たくさんの新車ディーラーなどで査定をしてもらうのにも膨大な時間がかかってしまいます。

しかもその後には・・・そうです、それぞれ営業マン達に追い回される事にもなってしまうのです。

こういうのは好きじゃ無い方も多いのではないでしょうか?

そこでインターネット無料一括査定というインターネット特有の無料サービスを利用するのです。

このインターネット無料一括査定というのは、簡単な個人情報と下取り予定の車の内容を入力するだけで、複数の中古車買取専門店(ガリバーやカーチス、ビッグウェーブなど)が無料で下取り予定の車を査定してくれるのです。

しかも実際のディーラーが出す下取り査定額よりも平均で16万円!高い買取金額が出ているサービスですので、買取金額が気に入れば本当に売却する事も出来ますし、逆に気に入らなければ売却する必要もありません。

そこで当サイト管理人が実際に利用した事例を挙げてみましょう。私は平成8年式のホンダアコードワゴンに乗っていました。走行距離は20万キロ。

19年も前の古い車です。しかも走行距離が20万キロと。もちろん査定額が少しでも付くなんて思ってもいませんでした。

それが・・・

「この型のアコードワゴンは玉数が少なく、でも人気がある車です。査定額としては25万円で買取させて頂きたいと思いますがいかがでしょうか?」

こんな回答が返って来ました。さすがにちょっとビックリしましたね。新車価格200万円ほどの車で20年近くも前の車が25万円で売れたのです。

これはインターネット無料一括査定の一番の特徴でもあるのですが、中古車オークションを知り尽くしている中古車買取専門店ばかりが登録をしていて、中には海外とも太いパイプがある買取店も登録しています。(一部の車は海外で人気があり、考えられないほどの査定額が出ます。)

その為、新車ディーラーでは決して出る事がないような査定額が頻繁に出るのです。

 下取り予定車の査定相場を知りたい!
 実際に高く下取り予定の車を売りたい!

この両方に対応出来る無料サービスですのでぜひ一度お試しください。
すぐにその効果がわかりますので。

ただ営業マン達からしたらとてもやりにくお客さんですよね。「余裕」を持つことが出来ない商談ほど疲れるものはありませんから。satei