トヨタミニバン【アルファード】のすべてがわかる!

2015年1月26日にフルモデルチェンジをしたトヨタのミニバン【アルファード】。2400CCのエンジンは2500CCへ変更されましたね。

フロントグリルが今まで以上に派手になって、迫力に関してもかなり増しました。

内装ではフロントシートとセカンドシートを仕切ってあり、助手席とセカンドシートを同じレールに設置した事で助手席のスライド量を1160mmまで拡大しています。

エンジンラインナップの変更によって、燃費の向上と一緒にパワーアップ!も実現した新型アルファード!商品力も大幅にアップした、と言っても良いでしょう。

アルファード

トヨタミニバン【アルファード】のページでは、
 トヨタ営業マンが新車値引きを暴露!
 トヨタミニバン【アルファード】中古車情報
 トヨタミニバン【アルファード】燃費情報
 トヨタミニバン【アルファード】のスペックとオススメグレード
 当サイト管理人の独断と偏見?
をまとめていきます。何か少しでもトヨタミニバン【アルファード】購入のお役に立てれば・・・と思っています。




新型アルファードの値引き情報!今月のアルファード値引きはコレだ!

トヨタミニバン【アルファード】の値引き額は?2018年9月
10万円35万円(最高値引き)

 トヨタのLクラスミニバン【アルファード】の値引きですが、基本的には半年前後は10万円!と言うのが会社から与えられているアルファードの値引き額になります。

しかし今回のフルモデルチェンジによって、新車価格もかなりアップしましたので私達営業マンとしては上司にどうやって少しでも多くのアルファード値引き額を通そうか?という事を考えて商談をしていますね。

ですから新型アルファードの値引き額については、最終的には20万円ほどまでは行っていますよ。やはりヴェルファイアとの競合は必須条件と言っても良いでしょう!

しかし新車をもっと安く買うには新車値引きを多く引き出すだけではいけません。値引きを多く出してもらうだけでは数万円前後安くなるかならないか・・・数十万円以上、新車を安く買うには【営業マン達が影で行っている商談の裏側】を知る必要があります。これを知っているだけでミニバンの新車を数十万円以上!安く買う事が出来ますので。

トヨタミニバン【アルファード】の中古車をお探しの方へ

ココではトヨタミニバン【アルファード】の中古車についての情報になります。まずはトヨタミニバン【アルファード】の中古車相場をまとめてみましょう。

 初代モデル(平成14年~平成19年式)
アルファード中古車相場:30万円~250万円

 2代目モデル(平成20年~平成27年式)
アルファード中古車相場:90万円~400万円

トヨタアルファードの中古車相場は上記のようになっています。この金額にプラスして「諸経費」という費用がかかる事がほとんどです。諸経費にかかる金額は15万円~20万円ほど。これには車庫証明・登録代行・点検整備・重量税・自賠責などの費用が含まれています。中古車販売によって諸経費についてはかなり開きがありますので、商談の時点でしっかりと内訳と金額を確認する事が重要となります。

トヨタアルファード中古車の「諸経費」について
中古車販売店の中には、この「諸経費」で多くの利益を出す業者も少なくありません。特に車検が付いているのに諸経費が高い見積りが出てきた・・・という場合には要注意です。諸経費の説明をしっかりとしてもらいましょう。

 トヨタアルファード中古車相場の特徴とは?

トヨタミニバン【アルファード】の中古車相場の特徴としては、2400CCの方が割高になる傾向があります。

中古車市場では、ガソリン代の高騰などもあって、3000CC、3500Cよりも燃費の良い2400CCが高く取引されるのです。もちろん自動車税など維持費が安くなる!2400CCの方が高いケースが多いですね。

アルファードの中古車は走行距離が10万キロを超えていても高値で販売がされています。トヨタ車のエンジンは頑丈ですので、10万キロを越えていても問題なく走れます。アルファードの中古車価格だけを考えると、初代モデルの3000CCを搭載している車は割安ですね!

しかしアルファードの中古車だけではありませんが、実に90%以上の方が満足出来る中古車購入が出来ていない!というのをご存知でしたか?大なり小なり、ほとんどの方が不満・後悔・トラブルなどがあるのです。

アルファードの中古車選びに失敗したくない!と思われる方は【ミニバンの中古車選びの決定版!90%以上が失敗するミニバン中古車選びとは?】をご覧ください。満足度の高いアルファード中古車を見つける事が出来ますので。

トヨタミニバン【アルファード】燃費と実燃費は?

新型アルファードのカタログ燃費数値は、
 2500CC:12.8km/L
 3500CC:9.5lm/L
となっています。

実燃費としては、このカタログ燃費数値から約3~4キロを差し引く事で予測をする事が出来ます。もちろん乗り方や高速道路か一般道路か?アクセルの踏み込み方など、様々な条件によって新型アルファードの実燃費は変わってきます。2500CCで9km/L前後、3500CCで7km/L前後と言うのが妥当な新型アルファードの実燃費!という感じでしょう。

トヨタミニバン【アルファード】のスペックとオススメグレードは?

ココでは新型アルファードのスペックとオススメグレードをお伝えしたいと思います。

・全長×全幅×全高さ:4,915mm×1,850mm×1,880mm
・最大出力:182ps/6,000rpm 280ps/6,200rpm
・最大トルク:24.0kgm 35.1kgm
・JC08モード燃費:12.8km/L 9.5km/L
新型アルファードのオススメグレード!
”250S 8人乗り 3,537,491円”
新型アルファードのオススメグレードは250Sの8人乗りですね。7人乗りを選択するのも良いと思いますが、大は小を兼ねる!という事で8人乗りを選択される方が多いのも大きな特徴ですね。

当サイト管理人の独断と偏見?

新型アルファードは今回のフルモデルチェンジで3代目となります。室内空間の上質感はさすが!の一言ですね。燃費に関してもLクラスミニバンとしては良い部類に入るかと思います。

居住性も満足度の高い仕上がりにはなっていますが、若干ボディサイズが大きくなっていますので、取り回しは気になるところです。当面の間は条件面で厳しい部分もあるかと思いますが、トヨタのミニバン【アルファード】も条件面は登場から半年前後で拡大してくるケースが多いので、そこまで購入を待つ!と言うのも一つの選択肢かもしれません。

でもアルファードは中古車市場でも人気のある車ですので、次に新しい車を購入する時の下取り価格、買取価格は期待出来ますね!Lクラスミニバンの中でも間違いなくトップクラスの実力でしょう。