マツダミニバン【プレマシー】のすべてがわかる!

マツダ特有の「走るミニバン」として根強い人気を保っているマツダプレマシー。全車2000CCのエンジンを搭載していて、FF車はスカイアクティブとなっていますので低燃費!シャシー性能が非常に優れているので、このプレマシーは走行性能が高いのが大きな特徴です。

シートアレンジでは「カラクリシート」とうネーミングで、セカンドシートの座面を助手席側2列目シートの座面下に格納出来る!というかなり変わったシートアレンジが特徴的ですね。

プレマシーは走りを楽しみながら、便利なスライドドアなど使い勝手も良くしているミニバンですので人気があるのもうなづけます。

プレマシー

マツダミニバン【プレマシー】のページでは、
 マツダ営業マンが新車値引きを暴露!
 マツダミニバン【プレマシー】中古車情報
 マツダミニバン【プレマシー】燃費情報
 マツダミニバン【プレマシー】のスペックとオススメグレード
 当サイト管理人の独断と偏見?
をまとめていきます。何か少しでもマツダミニバン【プレマシー】購入のお役に立てれば・・・と思っています。



新型プレマシーの値引き情報!今月のプレマシー値引きはコレだ!

マツダミニバン【プレマシー】の値引き額は?2018年9月
20万円⇒33万円(最高値引き)

 マツダプレマシーの値引きについて。プレマシーの値引き額については人気とは裏腹にかなり拡大している状態ですね。

大体契約寸前になると、プレマシーの値引きも30万円以上は出している状態ですので、もっと多くのプレマシー値引き額を引き出す事もそこまで難しくはないでしょう。効果的な値引き交渉方法としては、OEM車であるラフェスタ

まずはココで値引き比較をしてください。それかエクシーガアイシスなど同クラスで値引きが拡大しているライバル車との競合も効果的だと思います。どちらが良いか?という部分は担当する営業マンによっても違ってくると思いますが、私ならラフェスタとガチンコ勝負!をしますね。

しかし新車をもっと安く買うには新車値引きを多く引き出すだけではいけません。値引きを多く出してもらうだけでは数万円前後安くなるかならないか・・・数十万円以上、新車を安く買うには【営業マン達が影で行っている商談の裏側】を知る必要があります。これを知っているだけでミニバンの新車を数十万円以上!安く買う事が出来ますので。

マツダミニバン【プレマシー】の中古車をお探しの方へ

ココではマツダミニバン【プレマシー】の中古車についての情報になります。まずはマツダミニバン【プレマシー】の中古車相場をまとめてみましょう。

 初代モデル(平成11年~平成17年式)
プレマシー中古車相場:20万円~70万円

 2代目モデル(平成17年~平成22年式)
プレマシー中古車相場:40万円~150万円

 現行モデル(平成22年式~)
プレマシー中古車相場:90万円~230万円

マツダプレマシーの中古車相場は上記のようになっています。この金額にプラスして「諸経費」という費用がかかる事がほとんどです。諸経費にかかる金額は15万円~20万円ほど。これには車庫証明・登録代行・点検整備・重量税・自賠責などの費用が含まれています。中古車販売によって諸経費についてはかなり開きがありますので、商談の時点でしっかりと内訳と金額を確認する事が重要となります。

マツダプレマシー中古車の「諸経費」について
中古車販売店の中には、この「諸経費」で多くの利益を出す業者も少なくありません。特に車検が付いているのに諸経費が高い見積りが出てきた・・・という場合には要注意です。諸経費の説明をしっかりとしてもらいましょう。

 マツダプレマシー中古車相場の特徴とは?

マツダミニバン【プレマシー】の中古車相場の特徴としては、平成11年から発売されている初期モデルについてはかなり安く購入は出来そうですが、ほとんど程度の良い車を探すのは難しいかもしれません。

やはりねらい目は2代目プレマシーですね。中古車相場としてはかなり幅がありますが、ブルー系やボールド、シルバー系のボディカラーであればお値打ちに購入出来そうな感じです。ブラックは高いですね~プレマシーも。

現行型は平成23~24年式ぐらいですと、100万円前後でも購入できそうです。しかも距離的にも少ない物が結構ありますので、程度の良い車を探しやすいと思います。全体的に2代目が割高と言えるのかもしれません。

しかしプレマシーの中古車だけではありませんが、実に90%以上の方が満足出来る中古車購入が出来ていない!というのをご存知でしたか?大なり小なり、ほとんどの方が不満・後悔・トラブルなどがあるのです。プレマシーの中古車選びに失敗したくない!と思われる方は【ミニバンの中古車選びの決定版!90%以上が失敗するミニバン中古車選びとは?】をご覧ください。満足度の高いプレマシー中古車を見つける事が出来ますので。

マツダミニバン【プレマシー】燃費と実燃費は?

新型プレマシーのカタログ燃費数値は、
 2000CC:16.2km/L
となっています。

実燃費としては、このカタログ燃費数値から約3~4キロを差し引く事で予測をする事が出来ます。もちろん乗り方や高速道路か一般道路か?アクセルの踏み込み方など、様々な条件によって新型プレマシーの実燃費は変わってきます。プレマシーの実燃費としては12キロ前後!という感じでしょう。

マツダミニバン【プレマシー】のスペックとオススメグレードは?

ココでは新型プレマシーのスペックとオススメグレードをお伝えしたいと思います。

・全長×全幅×全高さ:4,585mm×1,750mm×1,615mm
・最大出力:151ps/6,000rpm
・最大トルク:19.4kgm
・JC08モード燃費:16.2km/L
新型プレマシーのオススメグレード!
”20S スカイアクティブ 2,268,000円”
新型プレマシーのオススメグレードとしては20Sスカイアクティブ!20Cdatoカーテンエアバックが付けれないので20S以上!を選択するのが良いでしょう。もし可能ならLパッケージにする事で両側スライドドアをつける事も出来ます。予算が合えばこちらがオススメですよ。

当サイト管理人がマツダミニバン【プレマシー】への独断と偏見?

新型プレマシーは新車価格も200万円前後、走行性能も走っていて楽しい!室内空間も問題ないレベル!という事で非常に買いやすいミニバンだと思います。

そこまで広い室内空間が欲しい・・・というわけではない方や、走るのが好き!という方には最適だと思います。プレマシーは燃費も良いので、経済的にもオススメですね。数年後の下取り価格はそこまで期待出来ないと思いますが、それでもお買い得感がとても高い!と言えるマツダのミニバンでしょう。

マツダミニバン【ビアンテ】のすべてがわかる!

マツダのワンボックスミニバン【ビアンテ】。エンジンは全車2000CCを搭載していて、FFモデルはスカイアクティブとなっている為燃費性能は優れています。

セカンドシートが753mmもロングスライドするのが特徴的で、かなり広いスペースを作り出す事も出来ますね。ビアンテには8人乗りしか設定がない為、7人乗りを探している方には少し残念かもしれません。

サードシートもチップアップをさせれば格納をする事が出来るので、荷室のスペースも広く取ることが可能。内装の質感も非常に高くなっていますが、フロントマスクの個性が逆にアダとなって人気がいまいち・・・と言うのが現状のマツダビアンテと言えるかもしれません。

ビアンテ

マツダミニバン【ビアンテ】のページでは、
 マツダ営業マンが新車値引きを暴露!
 マツダミニバン【ビアンテ】中古車情報
 マツダミニバン【ビアンテ】燃費情報
 マツダミニバン【ビアンテ】のスペックとオススメグレード
 当サイト管理人の独断と偏見?
をまとめていきます。何か少しでもマツダミニバン【ビアンテ】購入のお役に立てれば・・・と思っています。




新型ビアンテの値引き情報!今月のビアンテ値引きはコレだ!

マツダミニバン【ビアンテ】の値引き額は?2018年9月
25万円⇒32万円(最高値引き)

 マツダビアンテの値引きについてですが、今ではかなり拡大している状態です。平均してビアンテ値引きについては30万円以上は行われていますので、値引き交渉次第でももっと多くのビアンテ値引きを行う事も可能です。

値引き交渉方法としては、値引きが拡大しているステップワゴンセレナなどが良いでしょう。ノアヴォクシーでは少し競合相手にはならないと思います。

しかし新車をもっと安く買うには新車値引きを多く引き出すだけではいけません。値引きを多く出してもらうだけでは数万円前後安くなるかならないか・・・数十万円以上、新車を安く買うには【営業マン達が影で行っている商談の裏側】を知る必要があります。これを知っているだけでミニバンの新車を数十万円以上!安く買う事が出来ますので。

マツダミニバン【ビアンテ】の中古車をお探しの方へ

ココではマツダミニバン【ビアンテ】の中古車についての情報になります。まずはマツダミニバン【ビアンテ】の中古車相場をまとめてみましょう。

 初代モデル(平成20年式~)
ビアンテ中古車相場:80万円~250万円

マツダビアンテの中古車相場は上記のようになっています。この金額にプラスして「諸経費」という費用がかかる事がほとんどです。諸経費にかかる金額は15万円~20万円ほど。これには車庫証明・登録代行・点検整備・重量税・自賠責などの費用が含まれています。中古車販売によって諸経費についてはかなり開きがありますので、商談の時点でしっかりと内訳と金額を確認する事が重要となります。

マツダビアンテ中古車の「諸経費」について
中古車販売店の中には、この「諸経費」で多くの利益を出す業者も少なくありません。特に車検が付いているのに諸経費が高い見積りが出てきた・・・という場合には要注意です。諸経費の説明をしっかりとしてもらいましょう。

 マツダビアンテ中古車相場の特徴とは?

マツダミニバン【ビアンテ】の中古車相場の特徴としては、平成20年からの初期モデルで10万キロ前後の車が80万円~100万円と思ったよりも良い金額がする、と言うのが私の感覚ですね。

ボディカラーはシルバー系、ゴールド系が中心となった金額になります。両側パワースライドドア付きで平成21年~22年式、走行距離は7万円キロ~8万キロぐらいで100万円総額!を目安にビアンテの中古車を探すと良い買い物が出来るのではないでしょうか?

ただ中古車オークションにも非常に玉数が少なくなっていますので、上手な中古車探しが重要となってきます。

しかしビアンテの中古車だけではありませんが、実に90%以上の方が満足出来る中古車購入が出来ていない!というのをご存知でしたか?大なり小なり、ほとんどの方が不満・後悔・トラブルなどがあるのです。ビアンテの中古車選びに失敗したくない!と思われる方は【ミニバンの中古車選びの決定版!90%以上が失敗するミニバン中古車選びとは?】をご覧ください。満足度の高いビアンテ中古車を見つける事が出来ますので。

マツダミニバン【ビアンテ】燃費と実燃費は?

新型ビアンテのカタログ燃費数値は、
 2000CC:14.8km/L
となっています。

実燃費としては、このカタログ燃費数値から約3~4キロを差し引く事で予測をする事が出来ます。もちろん乗り方や高速道路か一般道路か?アクセルの踏み込み方など、様々な条件によって新型ビアンテの実燃費は変わってきます。ビアンテの実燃費は街乗りベースで10キロ~11キロ!という感じでしょう。

マツダミニバン【ビアンテ】のスペックとオススメグレードは?

ココでは新型ビアンテのスペックとオススメグレードをお伝えしたいと思います。

・全長×全幅×全高さ:4,715mm×1,770mm×1,835mm
・最大出力:151ps/6,000rpm
・最大トルク:19.4kgm
・JC08モード燃費:14.8km/L
新型ビアンテのオススメグレード!
”グランツスカイアクティブ 7人乗り 2,673,000円”
ビアンテは両側パワースライドドアは全車標準装備となっていますので、正直どのグレードでも良いと思いますが、グランツスカイアクティブでは内装などが豪華になっていますので、もあし予算的に合うならこちらのグレードを選択したいところですね。

当サイト管理人がマツダミニバン【ビアンテ】への独断と偏見?

新型ビアンテは個性的な見た目でインパクトは抜群!しかも内装の質感は本当にオススメなぐらい豪華ですよ。ただ販売台数は残念な結果になっています。。

ワンボックス系のミニバンとしては燃費も良く、さすがはスカイアクティブ!と思わせる部分があるのですが、それが人気とは繋がらない状態のようです。ビアンテは2016年中にはモデル廃止になるという話も出ていますが、個人的には非常にお買い得感も高く使いやすい良いミニバンだと思いますね。

マツダミニバン【MPV】のすべてがわかる!

マツダのミニバン【MPV】は、車高を1700mm以下に抑えているミニバンです。エンジンは2300CCガソリン。ミニバンでは必須!とも言える両側スライドドアを装着しているので、非常に乗りやすい車だと思いますね。

シートアレンジも少し変わっていて、セカンドシートはキャプテンシートとベンチシートの両方に対応しています。シートが左右に動く!と言う事ですね。その為、マツダMPVは7人乗りしか用意をされていませんので注意が必要です。

2016年にはモデル廃止?の噂がありますが、それまでは好条件での購入も可能となっていますので、ご検討されている方は当MPVのページを最後までご覧ください。

MPV

マツダミニバン【MPV】のページでは、
 マツダ営業マンが新車値引きを暴露!
 マツダミニバン【MPV】中古車情報
 マツダミニバン【MPV】燃費情報
 マツダミニバン【MPV】のスペックとオススメグレード
 当サイト管理人の独断と偏見?
をまとめていきます。何か少しでもマツダミニバン【MPV】購入のお役に立てれば・・・と思っています。




新型MPVの値引き情報!今月のMPV値引きはコレだ!

マツダミニバン【MPV】の値引き額は?2018年9月
20万円⇒33万円(最高値引き)

 マツダMPVの値引きですが、33万円ぐらいで推移していますね。最近、マツダ車全般に言える事ですが、以前のように値引きが大幅に崩れることが少なくなってきました。

その中でもMPVの値引きは別格で、値引き交渉次第ではもっと多くのMPV値引き額を出す事もあるぐらいです。MPVだけの交渉でも充分多くの値引きを引き出す事は出来るとは思いますが、もし競合をさせるならホンダオデッセイが最適でしょう。このオデッセイも値引きが崩れているので比較しやすいですからね!

しかし新車をもっと安く買うには新車値引きを多く引き出すだけではいけません。値引きを多く出してもらうだけでは数万円前後安くなるかならないか・・・数十万円以上、新車を安く買うには【営業マン達が影で行っている商談の裏側】を知る必要があります。これを知っているだけでミニバンの新車を数十万円以上!安く買う事が出来ますので。

マツダミニバン【MPV】の中古車をお探しの方へ

ココではマツダミニバン【MPV】の中古車についての情報になります。まずはマツダミニバン【MPV】の中古車相場をまとめてみましょう。

 初代モデル(平成9年~平成11年式)
MPV中古車相場:

 2代目モデル(平成11年~平成18年式)
MPV中古車相場:30万円~100万円

 現行モデル(平成18年式~)
MPV中古車相場:60万円~250万円

マツダMPVの中古車相場は上記のようになっています。この金額にプラスして「諸経費」という費用がかかる事がほとんどです。諸経費にかかる金額は15万円~20万円ほど。これには車庫証明・登録代行・点検整備・重量税・自賠責などの費用が含まれています。中古車販売によって諸経費についてはかなり開きがありますので、商談の時点でしっかりと内訳と金額を確認する事が重要となります。

マツダMPV中古車の「諸経費」について
中古車販売店の中には、この「諸経費」で多くの利益を出す業者も少なくありません。特に車検が付いているのに諸経費が高い見積りが出てきた・・・という場合には要注意です。諸経費の説明をしっかりとしてもらいましょう。

 マツダMPV中古車相場の特徴とは?

マツダミニバン【MPV】の中古車相場の特徴としては、さすがに初期モデルはほとんど存在しない・・・という状況です。メインは2代目からという事になりますね。この2代目MPVはかなり安く購入する事が出来ます。

私も乗っていたのですが、総額で50万円ぐらいでも距離の少ない程度の良いものを見つける事が可能です。安く良い車が欲しい場合にはボディカラーを人気色ではないものを選ぶ事。これでかなり安く購入する事が出来ます。

現行モデルも10万キロを超えているものなら60万円~80万円でも探す事が出来ますが、この時もシルバー系などを選択する事になるでしょう。やはり白と黒は人気で数十万円高くなりそうですね。

しかしMPVの中古車だけではありませんが、実に90%以上の方が満足出来る中古車購入が出来ていない!というのをご存知でしたか?大なり小なり、ほとんどの方が不満・後悔・トラブルなどがあるのです。MPVの中古車選びに失敗したくない!と思われる方は【ミニバンの中古車選びの決定版!90%以上が失敗するミニバン中古車選びとは?】をご覧ください。満足度の高いMPV中古車を見つける事が出来ますので。

マツダミニバン【MPV】燃費と実燃費は?

新型MPVのカタログ燃費数値は、
 2300CC:11.0km/L
となっています。

実燃費としては、このカタログ燃費数値から約3~4キロを差し引く事で予測をする事が出来ます。もちろん乗り方や高速道路か一般道路か?アクセルの踏み込み方など、様々な条件によって新型MPVの実燃費は変わってきます。MPVの実燃費は8キロ前後!という感じでしょう。

マツダミニバン【MPV】のスペックとオススメグレードは?

ココでは新型MPVのスペックとオススメグレードをお伝えしたいと思います。

・全長×全幅×全高さ:4,860mm×1,850mm×1,685mm
・最大出力:163ps/6,500rpm
・最大トルク:20.7kgm
・JC08モード燃費:11.0km/L
新型MPVのオススメグレード!
”23S Lパッケージ 7人乗り 3,315,600円”
新型MPVでは2グレードしか用意されていません。その中でも23SLパッケージはセカンドシートがリラックスシートを採用していますのでオススメ!シート表皮が違いますので、せっかくならこちらのグレードを購入したいところです。

当サイト管理人がマツダミニバン【MPV】への独断と偏見?

新型MPVは2016年末ぐらいで廃止になる、という話が出ています。現行型MPVは本当に良い車だと思います。スタイリングも良いですし、動力性能も満足出来るレベルですね。

下取りという事についてはそこまで期待出来る車ではありませんが、新車値引きをたくさん行ってもらい、お値打ちにミニバンを購入したい方には良い車だと思いますよ。

セカンドシートは2代目からですが左右のスライド機能もついていますので、ベンチシートとして使ったりキャプテンシートとして使ったりと面白いシートアレンジなのも魅力的!中古車も同様に割安感が高いのでオススメですよ。